会社概要


 kantabileは2004年10月にクラシック音楽の録音制作を行うレーベルとして発足しました。

カンタービレ代表の神田裕一は声楽・ピアノを学び、大学在学中よりコンサートあるいは個人のデモテープの録音を手掛けておりました。とくに録音審査用のテープ作成は制作したほとんどが本選出場・入選という結果でありました。
クラシック音楽及び教育学を学び、また活動してきた経験と実践は録音・映像制作と声楽とピアノ及び合唱・管弦楽等の指導者としての側面に生かされており、各種指導はもちろんのこと映像制作として教育学の実践映像の編集等で数々の作品を手掛けています。

社名 カンタービレ (Kantabile)
所在 〒708-1125 岡山県津山市高野本郷2132-2
Tel/Fax 050-3468-7864
代表者 神田裕一  (Kanda Yuichi)
作陽音楽大学音楽部音楽学科声楽専攻卒業
鳴門教育大学大学院修了(教育学修士)
声楽を菅谷省三、頃安利秀、ピアノを福富秀雄、上岡道子、小阪文産子に師事
業務内容 クラシック音楽を中心とした録音制作
コンサートの記録録画及びDVD・BD制作
ピアノ・声楽の個人指導
合唱・管弦楽等の指揮・指導
コンサート等の企画・運営
主要取引先 津山市、鏡野町、上斎原振興公社、岡山県
オーディオ・マエストロ
取引銀行 中国銀行津山支店・ゆうちょ銀行

Kantabileとは

Kantabileとは「歌うように」という音楽用語のドイツ語です。
音楽を表現することにおいて「歌うこと」が全ての行為のもとになっています。そして代表:神田裕一が大学院で主にドイツリートを学んだこと、またKanの綴りが、Kandaとダブることから、「歌うように」という音楽用語をドイツ語でKantabileと名付けました。

 

CD等の録音制作
BD・DVDの制作
カセットテープ・MDからCD制作
VHS/βビデオからDVD制作
コンサートPA